無料の着うたフルを使うときに注意すること。違法ダウンロードの罰則化

違法ダウンロードの罰則化

無料の着うたフルを利用する時に、注意しておくべきことは、これからも大きな問題となるでしょうが、それは違法のダウンロードが刑事罰化されることです。
音楽、映像などのコンテンツをアップロードするのは、既に九十年代のときに罰則化されるようになっていました。現在では、十年以下の懲役、あるいは一千万以下の罰金が科せられることになっています。

 

ダウンロードが違法となったのは、まだ二年前のことです。2010年、著作権法が改正されて、ようやく民事上でも責任が問えるようになったのです。
しかしこの時点では、まだそれほど違法性は重くないと判断されて、罰則の規定はなかったのです。
しかし二年もたたずに、この違法のダウンロードは罰則化されることになりました。おそらくどれだけ違法ダウンロードの数が多いのか、その数も集計されていないにもかかわらず、このような状況になるのでしょう。
このような状態が進むのは、まるで原発の事故の問題の原因も詳しくただされないままに、原発が再始動されてしまうこの国の政治と同じだと思います。
今年の国会で成立したとすると、十月から施行されることになるでしょう。そしてどうやら二年以下の懲役、二百蔓延以下の罰金が科せられることになるようです。
着うたフルのユーザーがこれから注意しておかなければいけないのは、レコード会社に許可を取らないままに、コピーした音源を絶対にダウンロードをしてはいけないということです。
若いユーザーは知らないままダウンロードしてしまうことがあるかもしれません。充分に気をつけて下さい。


ホーム RSS購読 サイトマップ